埼玉北部土地改良区連合埼玉北部土地改良区連合

土地改良区等の維持管理費軽減のため、農業用水を
活用して小水力発電を整備しました。
平成24年7月から本格稼働しています。

小水力発電は、調整池と調圧水槽地点の水位差を活用して発電します。


神流川沿岸発電所では 「フランシス水車」を使い発電しています。


●フランシス水車のしくみ

水力発電は、水の「落差」と「流量」を生かして、水車を回転させて発電機をまわし、電気を起こします。
高いところから落ちてきた水は、渦巻きケーシング(流路)を通って、全方向から水車羽根に直角に流入します。
「フランシス水車」は、案内羽根で効率よく水車に水圧をかけられるので、発電効力もよいとされています。

●水路式発電の流れ


●太陽光発電はこちら

  この施設は見学することができます。
  施設見学のご案内